龍宮ナイトの主催者わかめ  きまぐれぶろぐぐぐぐぅ!!!


by wakamepsh

仙台へ行ってきました。

日々の生活に追われながらも、
ちゃんと書きたいからと思って
延ばし延ばしになってしまって。
もう半年前の話になってしまったけど。
今年の3月に仙台と石巻に行ったのでその時の話を。

オトノマチをやりだしたのもあって、
いつか仙台に行きたいってずっと思っていて。
2013年から怒涛の14ヶ月毎月イベントが終わった
タイミングで震災から3年目ってのもあって?
今しかないと思い仙台と石巻にひとりでふらりと行ってきました。


震災があった2011年の11月に
TAIYO33OSAKAってイベント?
チームと車で福島に行ったことはあったけど。
仙台はバンドマンの友達もいるのに
なかなか行けずで。
今回はいつも名古屋に来てくれる
仙台のバンドマンにも会いに行きました。

 
休みが取れないので一泊二日の小旅行。
時は金なりってことで、ちょっと奮発して飛行機で(プロペラ機だけど・・・)
セントレアから仙台空港へ。
3年前にTVのニュースでめっちゃ映ってた仙台空港。
当たり前の話だけど、あの時の風景は影も形もなく。
まるで津波とかこなかったかのように綺麗な景色が広がっていました。
けど、空港から市内へ電車で移動中。
車窓からみる流れる景色の印象は
「新しい家が多いんだな~」ってこと。
そらそうだよね。この辺も全部流されたんだし。
綺麗な家々が立ち並ぶ景色の中に、
たまに現れる仮設住宅を発見しては
なんとも言えないしょっぱい気持ちになりながら仙台市内へ。

e0205684_302939.jpg

e0205684_30301.jpg

e0205684_30324.jpg



名古屋の街と似てるよと言われてたし、
実際自分が行ってみても雰囲気がなんとなく似てて。
初めての場所だけどなんか帰ってきた感がある。
不思議な感覚。
あとで友達に聞いたら震災当時はこの辺も大変だったとか。

3年って月日はやっぱり長いんだなーと実感しながら
待ち合わせまで時間があったので500円で観光地を巡れる
っていう1日乗車券を買って仙台観光。

中一の時に読んだ「うしおととら」にも出てきた青葉城(正確には跡地)に来て
ひとりでこっそりテンションあがりながらも、
ところどころに見える震災の足跡。
けど、これはもうある意味記念碑?みたいなかんじで置いてあるっぽかったけど。
日曜日ってのもあってか観光客が多かったです。
我が家の考えは募金するよりも現地に行って現地のモノを消費すること。
その方がよっぽど復興に繋がるって考え。

手間がかかるってことは、たくさんの人の手がかかるってこと。
時間やお金はかかるけど、その分その人達に仕事が生まれるってこと。
お金を与えるだけじゃなんの解決にもならないと思う。
震災直後ならまだしも、もう3年も経っているんだし。

足を引っぱってしまうのは意外にも
遠くのひとたちのほうかもしれないといつも思うのです。
そんなことを思いながら綺麗に生まれ変わった仙台の街並みを
眺めながら、今回思ったのは「もう楽しんでいいんだな」ってこと。

当たり前だけど現地のひとたちにも同じ時間が流れていて。
みんな毎日を生きていて。前に進んでいて。
悲しんでばかりいられないってことで。
3年ってそういう長さなんだなと、今回行ってみて思ったのです。
なので、仙台観光を楽しもうと思って、
さみしい女の一人旅でしたが地産地消でいろいろ美味しいものを食べましたヽ(*´∀`)ノ

元、雨先案内人の小雨ちゃんオススメの油麩丼がとても美味しかったです。
TVで見たことあったから食べれてめっちゃ嬉しかった。

e0205684_304257.jpg




e0205684_303336.jpg

e0205684_30367.jpg

e0205684_303756.jpg

e0205684_303942.jpg

e0205684_304050.jpg

e0205684_304123.jpg

e0205684_304151.jpg


旅は石巻へつづく⇒
by wakamepsh | 2014-09-13 03:01 | OTO no MARCH