人気ブログランキング |

龍宮ナイトの主催者わかめ  きまぐれぶろぐぐぐぐぅ!!!


by wakamepsh

ゆらめき IN THE AIR

おはよう。世界。

「とても気持ちいい朝だったら
君の暗い夜は消える」

と佐藤しんじくんが歌うように
清浄な朝を迎えられました。

昨日の龍宮ナイトにお越しいただいた
みなさまホントにありがとうございました。
納得いかない?人もいるかもですが、
まずうち自身の個人的な気持ちから言わせてもらうと
うちが求めていた景色が見られた夜でよかったです。

細かい事を書くか迷ったけど、
アーティストが書いてるから
うちも書こうかな。


清浄すぎて身体が対応できなくて
血管破裂して血を吐いちゃうくらいの
純粋な音楽に囲まれてみたかった。
ずっとイベントをやってると
見なくていいこととか知らなくていいこととか。
雑音が入ってきて。
自分がめっちゃ不浄になっていくのを感じた。
純粋にやりたいことだけをやるには
難しい世の中で。
うちに声があるなら、この思いを歌に出来るんだろけど。
あいにく目しか持ち合わせてないので、
うちの音楽≒イベントになるのです。

オシリペンペンズ、クリトリック・リス、下山と
3者3様のライブ。3組ともうちは敬愛してる。
大阪では一時期なんかいろいろあったらしい?
3組で。正直そういうのいらんわ~って思ってた。
そんな時、名古屋でスギムさんと2人で呑む機会があって、
真剣に「名古屋で下山と3マン」したいって言われた。

東京じゃなくて名古屋でっていうのが嬉しかった。
うち別に東京が嫌いなんじゃなくて、名古屋が好きすぎて
東京が嫌いなんです。ここは意味わからんでもいいよ。

2マンじゃなくて3マンってのも嬉しかったな。
うちは迷わずオシリペンペンズを選んだ。
そして昨日のイベントで3組とも「今」の自分たちの音楽をやりのけた。
正直もしライブ中に出演者の誰かが他の出演者に対して
変な煽りしたら一瞬で嫌いになっただろうし、その覚悟もできてた。
ペンペンズから下山までピリピリしながらライブみてた。
正直ライブでいつも感じる「楽しい」気持ちは一切なかった。
この日への気持ちが高まりすぎてて、前日の朝からちゃんとしたご飯が食べられなかった。
ただただ喉が渇き続けた。ペンペンズの音楽が濃厚すぎて胃が痙攣しつづけた。
うちの個人的な評価や思いは差し置いてもうちは満足してた。
イベンターの目で言うたら、
龍宮ナイトのお客さん減るかもな~ってのは正直感じたけどw


下山は2曲しかやらなかった。


 「下山」 を期待しているお客さんには
伝わったり伝わらなかったりだと思う。

補足させてもらうとすれば
機嫌が悪かったとか。
機材環境が気に入らなかったとか。
対バンが気に入らなかったとか。
イベントが悪かったとか。(←あ。ここは自信ないけど・・・)
そういう低い次元で2曲だったってのじゃ
ないってことだけはいいたい。

うちの前半に書いた思いは勿論。
うちがどれだけ龍宮ナイトを
愛してて、お客さんを愛して。
そして何よりも名古屋を愛してるか。
今日の出演者は百も承知だった。

それを踏まえての2曲であの選曲で
下山が「今」やりたいことをやったんだろう。


きっと「また下山を見たい」と思う人と
「もう2度と見ない」って人と。
賛否両論でしょう。
そうなることが分かっててもやってしまったこれが
彼らがこの日やりたいことだったんだろうなと思った。
下山の話はここまで。




こっからはうちの音楽とイベントと名古屋への
偏った価値観と思いの話。
賛同されるとはこれぽっちも思ってない
けど、ちゃんと書かなきゃなと思う。

商業的な事も敢えて言っちゃうけど。
バンドマンの音楽に対するストイックな部分が
受け入れられる名古屋の音楽シーンの分母は小さい。
だから敢えてお客さんの期待を裏切るライブをすると、
今の中間層のお客さんは離れてしまうだろうなと思う。
(中間層ってのはそのバンドにまだ熱狂的にハマってなくて
 気になるからずっと見たいと思ってたんだ~って感じの人ら)

それでも「核」さえしっかりしていれば、
バンドは一点にいなくていいから
「評」されるとおもう。
けど、寄生虫のぼくらは死んじゃうから
自分が生き抜く計算をしちゃう。
まぁ~それが嫌だから自暴自棄になるんだけど。


話がずれた。
音楽家は当たり前のことだけど音楽に対する
思いが殆どだし、それがあっての音楽家で。
勿論、聞いてくれる人や聞かせたいと思う人の
ことも考えているけど。
ただそのストイックな音楽家の思いが純度が高すぎて
「毒」になってる。
勿論「毒」じゃなくてそのまま受け入られる人もいるよ。
けど、「うちが好きな音楽」は「名古屋」では「毒」になってしまって
受け入れられないことが多いと思う。

太古の時代に現代人が戻ると
空気の純度が高すぎて
汚れた環境に遺伝子レベルで対応してきてしまった
現代人の身体は純粋な空気に対応出来ず
肺から血を噴き出しちゃってすぐ死んじゃうんだって。

うちが見せたい景色もきっとそれなんだと思う。
だけどすぐ死んじゃうと見せたい景色が
見てもらえないからガスマスクになりたいといつも思ってる。


けど、昨日はうまくガスマスクになれなかった。
自分が上手く呼吸ができても
お客さんに呼吸させれんかったらだめだ。

観客の人生のなかの大切な数時間を預かってる自覚を
もっていつもやってるつもりでいたのに。
うまく出来ないことがある。
いいわけはしないよ。
うちの力のなさだよ。
落ち込んでるとかじゃないから。
頭ははっきりしてるよ。


人の一生はあっという間で。
その中でも見せたい「一瞬」があって。
それは東京でも大阪でもなくて。
ここ愛知で。
自分が固執してるのも十分分かっているんだけど。
それでも大阪や東京で龍宮ナイトはやれない。やらない。
これからもその気持ちは変わらない。





うちは左耳を音楽に捧げたので、
出来ればあなたの左手をもらえたらと思います。




ツイッターでもつぶやいたけど
昨日の龍宮ナイトの半券もっててください。
なんかするか分からんけどw
だって正直何も考えてない。
ただ、近い未来の自分が
今日の半券使ったなんかしてるのが見えたから。




未来はぼくらの手の中です。
by wakamepsh | 2012-04-23 07:49 | 龍宮ナイト